とくになし

読んでください

ディラン・トマス「My hero bares his nerves」

自分用メモ翻訳

 

My hero bares his nerves along my wrist

私の英雄は、私の手首に沿って彼の神経を露出させた


That rules from wrist to shoulder,

その神経は手首から肩までを支配していて、


Unpacks the head that, like a sleepy ghost,

彼は眠たげな幽霊のように頭を荷解く


Leans on my mortal ruler,

その頭は私の死すべき支配者である神経に寄りかかっていて、


The proud spine spurning turn and twist.

誇り高き脊椎は曲がるのを拒み、歪んでいる。

 

 

 

And these poor nerves so wired to the skull

そして、その可哀想な神経たちは頭蓋骨にしっかりと固定されているので


Ache on the lovelorn paper

紙面に思い焦がれ痛んだ


I hug to love with my unruly scrawl

私は、私のまとまりのない殴り書きで、愛するために抱く


That utters all love hunger

その殴り書きは愛の渇きを述べ、


And tells the page the empty ill.

紙面に空っぽの病を伝える。

 

 

 

 

My hero bares my side and sees his heart

私の英雄は私の腰を暴き、彼の心臓が


Tread, like a naked Venus,

裸の女神のように歩くのを見る


The beach of flesh, and wind her bloodred plait;

肉の浜辺を、そして彼女の血のように赤いおさげを巻き上げる


Stripping my loin of promise,

私の希望に満ちた腰を裸にしながら、


He promises a secret heat.

彼は秘密の熱を約束した。

 

 

He holds the wire from the box of nerves

彼は神経の箱から針金を握り


Praising the mortal error

死すべきものの過ちを賞賛する


Of birth and death, the two sad knaves of thieves,

生まれ死ぬという過ち、強盗たちの二つの悲しいナイフ、


And the hunger's emperor;

そして飢えた者たちの皇帝を


He pulls the chain, the cistern moves.

彼は鎖を引き、液体を貯めたそのタンクが動く。